PCMAXを使って女子大生のセフレを作りました。

32歳の関東圏に在住している男です。
最近、彼女いない歴が3年を突破し、毎週末風俗でしか性欲を満たすことが出来ない日々に虚しさを感じるようになってきました。
また、毎週末風俗に行く費用も馬鹿になりませんし、基本的に風俗の女の子とはある程度馴染みになっていまい、刺激が少なくなってきていると感じていました。

そのため、素人の女の子と久しぶりにセックスしたいと感じるようになって出会い系サイトに登録してみました。
自分が登録していたのはPCMAXというサイトでしたが、このサイトでは若い子がたくさん登録しているようでした。
自分がやり取りしている相手も基本的には20代の女子大生、専門学校生、中には10代後半のフリーターもいました。
また、噂によると援助交際目的の女子高生も登録しているという話がありました。
自分はさすがに女子高生にあった事はありませんが、女子大生とは数人直接会うことが出来ました。もちろんそちらもいわゆる援助交際ではありますけど。

ただ交際費用をなるべく安くするためにある手段を利用していました。それはただひたすら仲良くなるということ。
援助交際であれど気持ちが入っていれば相手も安くしてくれるはずとの目論見です。
実際、女子大生と親しくなるためにはサイト内のメッセージ交換でひたすら相手の話を聞く、相手からのメッセージへのレスポンスは必ず1時間以内に返す、これにつきます。
このようにマメに連絡をしていると一気に親密になっていき、1か月もするとメールが面倒なのでlineでやり取りしたいといったような理由をつければすぐに直接連絡できる連絡先を教えてくれました。
実際、lineでやり取りするようになると仲が良くなるのも早く、やり取りして大体一か月もしないうちに会うことが出来ました。
自分があった女の子は今まで3人で、一人が21歳の専門学校生、他の二人が女子大生でそれぞれ19歳と22歳でした。
このうち、21歳の専門学校生の子はかなりのデブで失敗したかなという感は満載でした。
この子に関しては2時間ほど食事して、そのままさよならしました。
しかし、残りの二人に関しては実際にラブホテルに行ってセックスするところまで関係を進めることが出来ました。
特に19歳の女子大生のKちゃんに関しては最初はかなりガードが固い感じだったのですが、サークルの人間関係に悩んでいるらしく、lineや実際にカフェなどで会って相談に乗っているうちにセフレよりも進んだ恋愛感情のようなものを持たれるようになりました。
正直自分としてはKちゃんはあまりに幼くて彼女にしたいとは思っていませんが、若い体を堪能できるセフレとしては最高の相手なので、毎週末土日のどちらかでラブホで楽しませてもらっています。